スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
確認申請
建築士のおじ様から電話が来ました。
「明日、確認申請をしてきます。」とのことでした。
実家の父にも図面を渡し話をしてくれました。
それから、もう地盤調査をしなくてはいけないと言われました。
そのことについては実家の父と相談です。
お母ちゃんの土地は地盤が悪そう。
地盤改良っていくらかくらいかかるのかなぁ。

そのあと、父から電話が来ました。
建築士のおじ様と打ち合わせした内容についてでした。
そして工務店さんに見積もりをお願いしたとのこと。
結果はおよそ1ヵ月後です。
それから、設計料について聞いてきたようでした。
本やネットの情報では請負額の10~15%と書いてあるので
大金だなぁって覚悟していたんだけど
ほんの数%ということでホッとしました。
請求書は後ほど貰う手はずなんだけど
とりあえず内金として半分くらい払っておくということになりました。
思えば初秋から今まで何度も打ち合わせして
図面も何度も書き直してもらって
随分時間を割いてもらいました。
有難うございました。
これからもよろしくお願いします。

地盤調査も父が手配をしてくれるというのでお任せです。
ただ、地盤改良についてはするかしないか考えるというのです。
「ご近所さんはどうしたかきいてみたらどうか?」
なんて言ってるんだけど大丈夫かなぁ。
どう考えても地盤弱そうだし後々のことを考えても
やっといた方がいいと思うけどねぇ。
とにかく、調査の結果をみてからにしましょう。



スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【 2009/02/26 23:00 】

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
設計図完成
いよいよ図面が出来ました。
ちょうど、実家にいた時連絡が来たので
早速、おじ様宅へ図面を取りに行くことにしました。
設計料についても聞きたいと思っていたのでした。
ちょうど妹夫婦もおじ様宅にいたので子守の心配もなしです。

設計図かがみ
図面は20枚以上の大作です。
じっくり見るには時間がかかります。
軽く眺めて疑問点を聞いたりしました。

吹き抜けの窓はFXの四角い窓を4つ
田の字に並べたものにするつもりでしたが
お隣さんと同じになってしまうので
縦長の上半分を開閉できるものにしました。
このほうがかっこいいかも。
開閉できるほうが実用的だしね。

気になる設計料のことなんですが
確認申請の後、請求書をもらうことになりました。
いつもそうしているとのことだったので
親戚だからと特別なことなしでお願いしようかと思います。
いくらくらいになるのかは聞きそびれてしまいました
これからの予定としては
見積もりに1ヶ月くらいかかり
4月から工事をはじめられるかも。
材は越後杉を使うつもりなので補助金が当たるかもしれません。
4月、5月に抽選があるようなのです。
4月に外れても5月にもう一度抽選にかけてもらえるそうなので
チャンスは2回です。
どうか当たりますように。
今年の秋には引越でしょうかねぇ
楽しみです。


テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【 2009/02/22 08:30 】

打合せ | コメント(0) | トラックバック(0) |
やっぱり気になる屋根
方流れの屋根になるということは
屋根3

こんな感じの屋根かなって思ってたんですが
北側斜線が2面かかるので難しいのではないかな。
設計士のおじ様は
「横から見たら四角になりますね。」って言ってた。
その時は、どういうことかわからなかったけど
そうなんだなぁ。って軽く思ってたんです。

日が経つにつれて、屋根がとても気になりだして
ついにおじ様に聞きに行くことにしました。

事務所に行くと内部の展開図も随分出来上がっているようで
じっくり打ち合わせになりました。
娘はお母ちゃんの実家で妹夫婦が子守してくれたので
とても助かりました。

とにかく気になる屋根について
やぱり横から見ると四角です。
壁の内側に屋根があるんですね。
P1000121.jpg


P1000120.jpg
後ろから見ると屋根の脇に壁が立っています。
う~ん、工場とかお店とかでよく見かけるような感じ?

P1000119.jpg

なんだか変な感じです。
でも、高気密高断熱住宅を目指すとこの立った壁が重要な役割なんだそうです。
内壁と外壁の間に空気の層があり
この空気が屋根の上に突き出た壁から出るという仕組みになっているんです。
もし、屋根の勾配に壁を合わせると空気の出口が作れない。
2階の窓と屋根との間が極端に狭くなり外観もよくない。
もし、片流れをやめて寄棟にしたら太陽光発電にはとても不利になる。
やっぱり、おじ様の考えてくれたようにするしかないようです。

屋根の勾配はほんの少しなので屋根材も限られてきます。
瓦にする気はないけど、もちろんダメ。
横にはられるものも雨漏りの心配があります。
上から下まで一枚ではれる銅板等になります。
ますます工場の雰囲気になってしまうなぁ。

外壁材も銅板等を進められました。
「これから外壁の研究もするぞ!」ってお父ちゃん張り切ってます。


テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【 2009/02/08 14:48 】

打合せ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。