スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
屋根その後
土曜日にちょっと建築士のおじ様のところへ行きました。
お母ちゃんの家の土地への地図がほしいと連絡があったからです。
姪もいたので娘と遊ばせようとお菓子を持っていきました。
打合せをするつもりはなかったので
今回は親戚として遊びに行ったつもりなのですが
おじ様は図面を用意して待っていてくれました。
せっかくなので屋根について相談してきました。

もう一度、寄棟と片流れの説明をききました。
お父ちゃんが心配していたのは
南側から北側へ下がって行っては
太陽光パネルを乗せてもダメなのではないか、ということ。
おじ様の説明では
「傾きはほんの少しでいいので支障はない。
パネルを乗せる台で調節できるはず。
屋根いっぱいにいくらでも乗せられる。
ただ、太陽光発電はまだ未知の部分が多く
本当にいいのかはわからない。」
とのことでした。
とにかく、お父ちゃんの心配がクリアになったので
片流れの屋根に変更してもらうことにしました。

スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【 2009/01/26 12:59 】

屋根 | コメント(0) | トラックバック(0) |
屋根
年末の打合せのときに屋根の形を確認されました。
お母ちゃんの家は北西、北東の二面が
北側斜線にかかるため屋根の形が制限されてしまうのです。
寄棟屋根しか出来ないと思っていたのですが
片流れも出来ると提案いただきました。
将来、太陽光発電を考えるなら
断然片流れのほうが有利なのです。
建築コストも抑えられるし。
ただデザイン的にどうなのかな?
以前に、建築関係に勤めている義兄に
「軒がないと窓に直接雨があたって雨漏りしやすい」
と聞いていたのでおじ様にも聞いてみました。
おじ様の意見としては
「雨が留まるわけではない。壁の汚れは落ちる。
 軒があると、その下には雨があたらないので壁の汚れは落ちない」
と意見をいただいたのです。
どう考えたらいいのやら。
とりあえず、その場では寄棟屋根で行くことにしました。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【 2009/01/10 12:32 】

屋根 | コメント(0) | トラックバック(0) |
太陽光発電
少し前にTVで太陽光発電の特集をしていました。
それを見たお父ちゃんは
「マイホームにも太陽光発電をつけよう」
と言い出したのです。
でもね、すっごく高いのよね~。
相場は1件当たり230万円くらいかかるらしいです。
元を取るには30年近くかかるらしいです。
お母ちゃんの住んでいる新潟は雪国。
冬の発電はあまり見込めないよね。
てことは元なんか取れないよね。
う~ん、厳しい。
ドイツでは太陽光発電して家庭で使いきれない電力を
3倍の価格で電力会社が買い取ることが国で決まっているそうです。
だからとても普及しているんですね。
日本でも買い取ってくれますが普通の価格です。
しかも電力会社が自主的に買い取っているのですよね。

17年度で設置費用の国の補助金も終わってしまいました。
新潟県でも補助金制度がある自治体もあるのですが
新潟市は・・・ありません
今のところ無理だと思われるのですが。
しばらく情勢をうかがうことにしましょう。


にほんブログ村 住まいブログへ

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

【 2008/09/05 16:50 】

屋根 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。